天気予報

22

17

みん経トピックス

特集

エリア特集2013-11-29

今年の博多土産1位は?
「ザ・博多ギフトショップ」売り上げランキング

  • 0

キャナルシティ博多(福岡市博多区住吉1)地下1階の土産専門店「ザ・博多ギフトショップ」。70坪の店内では、明太子や博多ラーメンなどの定番の博多土産からユニークなものまで約2000アイテムの商品を展開。平日で700~800人、週末には2000人~3000人の来店数を誇り、外国人観光客にも人気の同店で、今年の売れ筋商品を聞いた。

■人気土産1位は?

土産専門店「ザ・博多ギフトショップ」の売り上げランキングはこちら。(集計期間=2013年1月1日~10月31日)


1位 博多通りもん


昨年の博多駅構内の土産店の売り上げランキングに引き続き、今年も1位に輝いた明月堂(博多区東那珂2)の人気商品。白あん入りの和菓子で、「配りやすさが根強い人気の理由では」と同店スタッフの谷口美智恵さん。「最近は韓国人の観光客にも売れ行きが伸びている」という。


2位 辛子めんたい風味せんべい めんべい


山口油屋福太郎(博多区那珂6)の人気商品で、ピリっとした辛さが特徴の明太子味のせんべい。「リピーターが圧倒的に多い商品」と谷口さん。「不定期に店頭に並ぶお徳用は地元の方にも好評」。


3位 じゃがりこ 明太子味


明太子の粒が入ったカルビー(東京都千代田区)の九州限定商品。「明太子を使った博多らしい土産として人気」と谷口さん。



4位 ぷっちょ くまモンワールド


九州の他県の商品もそろえる同店で、博多土産に並び上位にランクインした、くまモンストラップ12種がランダムに入った「ぷっちょ」。箱買いする熱狂的なくまモンファンも多いらしく、熊本県の営業部長として国内外での活躍が功を奏し、「最近では海外の観光客にも人気」という。


5位 長浜ラーメン


定番中の定番「博多ラーメン」は5位にランクイン。「一食ずつの包装でお土産に最適」と谷口さん。「国籍・年齢問わず、喜ばれるはず」。


■番外編

○とんこつマヨネーズ


同店ではオリジナル商品も豊富に展開。「中でも豚骨味のマヨネーズがおすすめ」と谷口さん。鶏の空揚げやポテトサラダなどに良く合うとのことで、「定番の土産に飽きた方はぜひコレを」。1本420円。


HAKATA MENTAI CAVIAR(博多めんたいキャビア)


「ちょっと変わった明太子を」と手掛けたブランデー風味の明太子。「ご飯よりもフランスパンやクラッカーで味わって」。価格は800円。



○博多明太子風ドロップス


ドロップまで明太子味が登場。「話のタネには持って来いの商品。手土産にぜひ」。価格は350円。



そのほか、韓国人観光客には「カラフルな餅菓子が圧倒的人気」。中国やバンコク、インドネシアからの観光客には「抹茶系のチョコレートやクッキーなどが大人気」という。バンコクでは近年、抹茶カフェが大ブームらしく、「日本ではとにかく抹茶、抹茶と反響が高く、土産専門店なのに一般菓子の取り扱いを始めたほど」という。土産を通じた外国の流行事情も分かるのは、外国人観光客の多い同店ならでは。


■来年はコレが来る!

「来年は何と言っても官兵衛ブーム到来でしょう」と谷口さん。現在、菓子や雑貨などメーカーがこぞって商品を開発している状態で、早くて12月中には店内に黒田官兵衛コーナーを設ける予定という。


そのほか、明太子をモチーフにしたキャラクター「聖徳明太子(しょうとくめんたいし)」(写真右)。「昨年は売れ行きが伸び悩んだが、テレビなどの露出が増え始めた今年はグッズの動きが活発に。ホークスとのコラボグッズなども登場し、来年本格ブレイクの兆しも」と谷口さん。


定番の土産からクスっと笑えるものまでバラエティーに富んだ商品が一堂にそろう同店。ちょっとひねった土産探しを楽しんでみては?




取材・文/編集部 秋吉真由美






グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング