見る・遊ぶ

博多阪急で「アニメ 夏目友人帳展」 物語のシーン体験できる撮影スポットも

©緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト©緑川ゆき・白泉社/「夏目友人帳」製作委員会

©緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト©緑川ゆき・白泉社/「夏目友人帳」製作委員会

  •  
  •  

 展覧会「アニメ 夏目友人帳展」が7月11日から、博多阪急(福岡市博多区博多駅中央街)8階催場で開催される。

 「夏目友人帳」は漫画家・緑川ゆきさんにより2003(平成15)年に初出し、現在「月刊LaLa」(白泉社)で掲載している。2008(平成20)年にテレビアニメ放送が開始し、10周年を迎えた昨年9月には劇場版も公開された。

[広告]

 同展では、「月刊LaLa」の表紙などの複製原画をはじめ、テレビアニメシリーズと劇場版の制作資料、劇中に登場した切り絵などを展示するほか、主人公の夏目貴志の部屋を再現したコーナー、物語に出てくる妖(あやかし)に名前を返すシーンを体験しながら撮影ができるコーナーも設置する。

 会場では、描き下ろしイラストを使ったオリジナルグッズやキャストによる音声ガイドも用意する(利用料金700円)。

 開催時間は10時~20時(最終日は17時閉場、入場は30分前まで)。入場料は、一般=1,300円、高校生=800円、中学生=600円、小学生以下無料。今月22日まで。

  • はてなブックマークに追加