食べる

辛子めんたいこの老舗「やまや」が新コンセプト店 3年かけ開発した米菓商品も

「やまや醤(じゃん)」を使った「やまや醤せんべい」(左)と「やまや醤しっとりおかき」

「やまや醤(じゃん)」を使った「やまや醤せんべい」(左)と「やまや醤しっとりおかき」

  •  

 辛子めんたいこ製造・販売の老舗「やまや」の「やまや中洲店」(福岡市博多区中洲2)が11月10日、コンセプトショップ「YAMAYA BASE NAKASU 2312」(TEL 092-272-2077)としてリニューアルオープンした。

店舗外観

 これまでのめんたいこ商品や食べ方にとらわれず、「新しく楽しい」めんたいこの在り方を提案する。入り口は「めんたいこカーブ」を表現した外壁が特徴。店内もめんたいこを連想させる「トラディショナルピンク」をアクセントカラーとしている。

[広告]

 「福岡で本当においしい『米菓』を販売したい」という思いから、3年間の開発期間を経て商品化したというめんたいこの菓子は、「やまや明太子」の漬け込み液に、ブレンドした唐辛子を加えたタレ「やまや醤」を使ったもの。「やまや醤(じゃん)せんべい」(8枚入り=648円、16枚入り=1,296円)、「やまや醤(じゃん)しっとりおかき」(3袋入り=648円、8袋入り=1,728円)などをそろえる。

 そのほか、「オリジナルソフトクリーム」(480円)や「2312ホットコーヒー」(380円)、「博多めんたいフランス」(432円)などの商品も販売する。

 営業時間は10時~20時。