食べる

米発ソフトプレッツェル専門店「アンティ・アンズ」が九州初出店

博多にソフトプレッツェル専門店「アンティ・アンズ」がオープン(博多マイング店イメージ)

博多にソフトプレッツェル専門店「アンティ・アンズ」がオープン(博多マイング店イメージ)

  •  
  •  

 プレッツェルジャパン(東京都港区)は3月13日、JR博多駅のマイング(福岡市博多区博多駅中央街)にソフトプレッツェル専門店「Auntie Anne's(アンティ・アンズ)」の九州1号店をオープンする。

 現在25の国・地域で約1200店舗を展開しているアメリカ発のソフトプレッツェル専門店。国内では2010年に東京・池袋に1号店を出店、現在は関東・関西地区に17店舗を設ける。同店は「ぶんコーポレーション」(中洲4)が運営するフランチャイズ店で、九州1号店となる。

[広告]

 店舗面積は約13坪。席数は12席を設け、イートインもできる。メニューは「オリジナルプレッツェル」(220円)、「シナモンシュガープレッツェル」(250円)、キャラメルやチェダーチーズ、クリームチーズのディップ(各100円)を用意する。ドリンクは「フレッシュレモネード」(300円~)など。めんたい風味のシーズニングをまぶした同店限定の「めんたいプレッツェル」(290円)もそろえる。

 営業時間は9時~21時。

  • はてなブックマークに追加