食べる

博多阪急で「初夏の北海道物産大会」 ハスカップスイーツや海鮮弁当など

「ハスカップファーム 山口農園」の「ハスカップヨーグルトソフト」(右)と「ハスカップスムージー」

「ハスカップファーム 山口農園」の「ハスカップヨーグルトソフト」(右)と「ハスカップスムージー」

  •  
  •  

 「初夏の北海道物産大会」が4月17日から、博多阪急(福岡市博多区博多駅中央街)8階催場で開催される。

「島の人」の「生うにと炙りうにの海鮮2色丼」

 同館の物産展で売り上げ1位という「北海道物産大会」。北海道のスイーツや弁当などのグルメを一堂に集める。

[広告]

 今回は、厚真町産ハスカップを使った「ハスカップファーム 山口農園」の「ハスカップヨーグルトソフト」(501円)と「ハスカップスムージー」(451円)をはじめ、バターにウニやドライフルーツなどを練り込んだ「川島旅館」の「バターフィールドプレミアム」(1,970円)などが博多阪急初登場する。

 そのほか、ズワイガニ・花咲ガニ・タラバガニが入った「札幌蟹工船(かにこうせん)」の「かにかに三昧弁当」や、「文七寿司(すし)」の「キンキ・ボタンエビ食べつくし弁当」(以上2,160円、各日限定50個)なども販売する。

 イートインコーナーでは、「島の人」の「生うにと炙(あぶ)りうにの海鮮2色丼」(3,990円)や「麺屋 開高」の「味噌(みそ)らー麺」(864円)などを提供する。

 17日~19日限定で、「美味満載北海道福袋」(2,160円、17日=限定40個、18日・19日=限定30個)を販売。福袋購入客はカニや海鮮弁当などが当たる空くじなしの抽選会に参加できる。

 開催時間は10時~20時(最終日は17時まで)。今月23日まで。

  • はてなブックマークに追加