見る・遊ぶ

博多で「ウォーリーをさがせ!展」 原画など150点、オリジナルグッズも

展覧会限定アート“Anniversary Ball for Japan”(2017年) ©DreamWorks Distribution Limited. All rights reserved.

展覧会限定アート“Anniversary Ball for Japan”(2017年) ©DreamWorks Distribution Limited. All rights reserved.

  •  
  •  

 展覧会「誕生30周年記念 ウォーリーをさがせ!展」が4月22日から、JR博多シティ(福岡市博多区博多駅中央街)9階「JR九州ホール」で開催される。

展覧会オリジナルグッズ「博多限定ロルバーン ポケット付きメモ」

 さまざまな時代や場所を舞台に、人ごみの中から赤白のボーダー服を着た「ウォーリー」を探し出す絵本シリーズ「ウォーリーをさがせ!」の誕生30周年を記念した展覧会。昨年4月から東京、横浜、大阪、名古屋で開催し、九州は今回が初めて。

[広告]

 絵本原画約50点のほか、初期の設定イラスト、同展限定アート「Anniversary Ball for Japan」、作者のマーティン・ハンドフォードさんが子どもの頃に描いた作品など、約150点を展示する。

 グッズコーナーでは、「博多限定ロルバーン ポケット付きメモ」(Lサイズ、756円)、「UDF フィギュア」(1,296円)、「マグカップ」(1,404円)などの同展オリジナルグッズを含む400アイテム以上を販売する。

 期間中はJR博多シティ内の5カ所にあるスタンプ5種類を集めると、「平成」と「令和」をまたぐ同展仕立ての「博多限定、時代またぎオリジナルステッカー」がもらえるスタンプラリーや、「平成最後のウォーリーDAY」(4月22日~30日)の各日、赤白ボーダー服で来場した先着20人が入場無料になるイベントなども開く。

 開催時間は10時~18時(土曜・日曜は19時まで、初日は13時~、入場は閉場の30分前まで)。入場料は一般=1,000円、大高生=800円、中学生以下=400円。5月9日まで。

  • はてなブックマークに追加