暮らす・働く

博多に宿泊特化型ホテル「ヴィアイン」、6月開業へ

「ヴィアイン博多口駅前」外観イメージ

「ヴィアイン博多口駅前」外観イメージ

  •  

 ジェイアール西日本デイリーサービスネット(兵庫県尼崎市)が2月4日、宿泊特化型ホテル「ヴィアイン博多口駅前」(福岡市博多区博多駅前2)を6月5日にオープンすると発表した。

「ヴィアイン博多口駅前」レストランイメージ

 運営はJR西日本ヴィアイン(兵庫県尼崎市)。7月には「ヴィアイン心斎橋四ツ橋」(大阪市西区)も新規オープンする予定。ヴィアインホテルチェーンは全25棟、総客室数約6200室となる。

[広告]

 「ヴィアイン博多口駅前」のフロア構成は、1階にエントランスとレストラン、2階にフロント、ロビー、客室、喫煙ブース、3階~11階に客室で部屋数は全205室。シングル177室、ダブル9室、ツイン19室。一泊の基本室料は、シングル1人1室=1万8,000円、ダブル2人1室=2万5,000円、ツイン2人1室=2万8,900円(以上、宿泊税別途)。室料は空室状況や消費税増により変動する。レストランは、和食を中心としたバイキング朝食を提供する。

 宿泊予約受付は3月1日10時から。