博多「万葉の湯」でランチビュッフェがスタート-量り売りと併用で好評

ビュッフェコーナーの様子。いこい処は畳に座敷席が広がる。テーブル席も含め、約220席用意。

ビュッフェコーナーの様子。いこい処は畳に座敷席が広がる。テーブル席も含め、約220席用意。

  • 0

  •  

 博多の総合温泉施設「博多 由布院・武雄温泉 万葉の湯」(福岡市博多区豊2、TEL 092-452-4126)が4月末から始めたランチビュッフェが、施設利用客や周辺勤務者に好評を得ている。

 同施設ではこれまで、休憩施設「いこい処」で100グラム=250円の量り売りでランチを提供してきたが、たくさん食べたい利用客の要望に応える形でビュッフェに切り替えた。しかし、量り売りも利用したいとの声もあり、併設する形で提供することになった。

[広告]

 メニューは和食を中心に約60種類をそろえる。有機栽培のパスタや健康応援ドリンク、チョコレートファウンテンなどもそろえ、平日は施設を利用する女性客や近隣オフィスのビジネスマン・OLらに、週末は家族連れに好評を博しているという。

 支配人の竃賢一さんは「さまざまな施設をご利用いただける長時間滞在型の施設なので、ランチビュッフェやさまざまなイベントをきっかけに、ご自分にあった施設の楽しみ方を発見していただければ」と話す。

 ランチ提供時間は11時30分~15時30分。料金は、大人=1,580円、小学生=790円、幼児(3歳以上)=530円。ビュッフェ・量り売りのみの利用も可能。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース