食べる

博多阪急でおせち料理の予約開始へ 75ブランド、143種類を用意

「リストランテKubotsu」の「リストランテKubotsuが贈る九州の恵み」

「リストランテKubotsu」の「リストランテKubotsuが贈る九州の恵み」

  • 1

  •  

 博多阪急(福岡市博多区博多駅中央街)が10月1日、おせち料理の予約受け付けを始める。

「博多百年蔵」の「雑煮付おせち」

[広告]

 昨年は帰省や旅行を控えて家で過ごす時間が増えた影響で、同館のおせちの売り上げは対前年比約4割増しだったという。今年は「迎春のおいしいマリアージュ」をテーマにおせち・オードブルに合うお酒の提案や、少人数用おせちなどをそろえ、新規9ブランドを含む計75ブランド、143種類を用意する。

 前菜からパスタ、肉料理までがセットになった「リストランテKubotsu」の「リストランテKubotsuが贈る九州の恵み」(2万5,000円、限定20個)や、1段目に冷前菜・2段目に温前菜・3段目にメイン料理が並ぶ「レストランひらまつ博多」の「トレゾール/宝箱」(4万円、限定20個)、博多雑煮がセットになった「博多百年蔵」の「雑煮付おせち」(2万1円、限定20個)などを用意する。少人数用おせちとして「たつみ寿司(すし)」の「和風おせち」(1万1,880円、限定30個)、「ステーキハウス 蜂」の「洋風おせち」(1万800円、限定20個)などをそろえる。

 営業時間は10時~20時。店頭予約は、10月1日のみ地下1階の「うまか研究所」で受け付け、2日からは同階特設コーナーで受け付ける。一部商品はインターネットでも予約できる。12月21日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース