暮らす・働く

福岡空港、国内線・国際線連絡バスに連節バス導入 混雑解消目的に

レインボーラッピング連節バス

レインボーラッピング連節バス

  • 33

  •  

 福岡国際空港(福岡市博多区大字下白臼井、以下FIAC)は4月20日から、福岡空港国内線と国際線の旅客ターミナルビルを結ぶ連絡バスに連節バスを導入する。

 同空港の国際線利用者数は2019(令和元)年に約640万人に達し、国際線旅客ターミナルビルに向かうための連絡バスは混雑が常態化していた。連絡バスにおける混雑を解消し、よりスムーズに、かつ快適に利用してもらうことを目的として今回、連節バスを導入する。同バスは西日本鉄道(博多駅前3)が運行する。

[広告]

 連節バスは全長18メートル、定員142人、座席数は29席。従来のバス(全長11メートル、定員75人)と比べて輸送力が高く、約2倍の客を運ぶ。車内はバリアフリーに対応したノンステップ仕様になっているほか、立ち席スペースや出入り口が広くなっている。連接バスの運行台数は5台。車体には、FIACが掲げるメッセージ「FLY 100 DREAMS.」を表すレインボーカラーのラッピングを施す。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース