暮らす・働く

「九州バケワーク」の実証実験、レンタルキャンピングカーで

「九州バケワーク地図」

「九州バケワーク地図」

  • 24

  •  

 トラストパーク(福岡市博多区博多駅南5)が代表機関を務める「九州周遊観光活性化コンソーシアム」が4県8市町と連携し、12月20日から、休暇(バケーション)中に仕事(ワーク)も行えるプラン「九州バケワーク」の実証実験を行っている。

キャンピングカーと車内の様子

 移動・滞在手段としてレンタルキャンピングカーと電源・Wi-Fi環境がある車泊(くるまはく)施設をセットにした同プラン。有料モニターを募集して期間限定で実施し、「ホテルの寝室空間」をコンセプトとしたキャンピングカーや施設の不稼働スペースをシェア活用する「移動型ワーケーション」の実証実験を行う。

[広告]

 同実験を通じて、都市一極集中から地方分散、休暇の分散化対策などの社会変化に備えて、交流人口・関係人口の受け皿となる地域のワーケーション環境整備や広域観光ルート創造につなげていきたいという。

 現在、利用可能な車泊施設は、福岡の大木町、佐賀の伊万里市と有田町、熊本の玉名市の4カ所。1泊料金は2,000円。整備でき次第、長崎の波佐見町、川棚町、熊本の人吉市と津奈木町の車泊施設も利用可能という。

 キャンピングカーは、普通免許で運転可能でエアコン・テレビ・冷蔵庫・電子レンジを装備。2人乗りと4人乗りを用意する。レンタル料金は、3日間(金曜~日曜)が2人乗り=4万2,000円、4人乗り=5万1,000円。5日間(平日)が2人乗り=5万円(以上、税別)など。

 「九州バケワークパスポート」提示で温浴施設やレンタル自転車、ドッグラン使用料などの割引サービスなどが受けられる。

 キャンピングカーの受け取り場所は「CANTAL博多店」(博多区博多駅南5)または「CANTAL福岡那珂川店」(那珂川市片縄5)。利用期間条件は3日以上。実証実験期間は6月30日までを予定。