学ぶ・知る

キャナルシティ博多で夏休みの自由研究応援企画 バックヤードツアーも

バックヤードツアー(過去実施時の様子)

バックヤードツアー(過去実施時の様子)

  •  
  •  

 キャナルシティ博多(福岡市博多区住吉1)は7月20日から、夏休みに子どもたちが「遊びながら学べる」をテーマにしたさまざまな企画を行う。朝の涼しい時間帯にさまざまな企画を行い、夏休みの自由研究を応援する。

 7月25日・30日と8月2日・9日は、ガラス製の風鈴に自由に絵を描きオリジナル風鈴を作る「ふうりん 絵付けワークショップ」を開く(1回先着30人)。8月6日・20日・21日は、ハーブティーアーティストを講師に招き、ハーブや野菜などから作った絵の具で絵を描く(1回先着20人)。このほか偏光板を使った光のアート作品を作る「こども化学実験室」などを開く(以上開催時間は9時~10時と11時~12時の1日2回、場所は地下1階ムーンウォーク)。

[広告]

 7月31日と8月1日は、キャナルバッグヤードツアーを開催。通常は公開していない、同施設の噴水を打ち上げる装置や運河のろ過施設など、水の利用に関するしくみなどを紹介する(1回先着30人、開催時間は9時~9時30分と10時30分~11時の1日2回)。参加には情報サービスセンターに事前電話が必要。

  • はてなブックマークに追加