見る・遊ぶ

博多で映画「OVER DRIVE」舞台あいさつ 東出昌大さん、新田真剣佑さんら登壇

「帰って来たよ、福岡!」と第一声の東出さん(中央)、新田さん(左)、羽住監督

「帰って来たよ、福岡!」と第一声の東出さん(中央)、新田さん(左)、羽住監督

  •  
  •  

 T・ジョイ博多(福岡市博多区博多駅中央街)で5月25日、映画「OVER DRIVE(オーバードライブ)」の舞台あいさつが行われた。

笑顔を交わす東出さんと新田さん

 公道を走る自動車競技「ラリー」の世界を舞台に、若者たちの愛と絆を描いた同作。主人公のメカニックを東出昌大さん、その弟で天才ドライバーを新田真剣佑さんが演じ、ヒロイン役で森川葵さん、ライバル役で北村匠海さんなどが出演する。監督は「海猿」などを手掛けた羽住英一郎さん。同作は北九州市が最終戦ラウンドのロケ地となった。

[広告]

 会場にはこの日、東出昌大さん、新田真剣佑さん、羽住英一郎監督が登壇した。東出さんの「帰って来たよ、福岡!」の一声から始まった舞台あいさつ。メカニック役について東出さんは「直純(新田さん)が思い切りアクセルを踏めるように、ボルト1本締め忘れたら直純が危ないので、そういう誠意を持ってやっていた」と話し、新田さんと笑顔を交わすと、会場からは歓声が沸いた。役の準備ではクランクイン前に、ラリーカーをメカニック皆で一度ばらして組み立てたという。

 1カ月以上いたという北九州市で、新田さんは「チャチャタウンに行った、匠海と葵と兄貴(東出さん)で観覧車に乗った」と仲の良い一面を見せ、東出さんは「北九州じゃなきゃ撮れなかった映画だと思う。エキストラの方たちも一緒に盛り上がってくれた」と感謝を述べた。

 これまでも北九州市のロケ作品が多い羽住監督は「北九州の工場が好き、ものづくりのモチーフにして撮ったりして、北九州って画になるなと思う。あと人。一緒に楽しんで映画作りに参加してくれた」と振り返った。会場には、北九州市でエキストラとして参加した観客も多くいた。

 観客に向けて「見終わった後に兄弟が欲しくなると思う」と新田さん。東出さんは「ラリーを知らない人にも必ず届くと思う。皆さんの心の中でこの作品が走り出すのが、今はとても嬉しい」と呼び掛け、3人は歓声の中会場を後にした。

 6月1日公開。

  • はてなブックマークに追加