ホテル日航福岡で社内料理コンテスト-上位作品はメニュー化

1位(会長賞)に選ばれた平江将樹さんと「松茸を包んだ米団子、牛ロースと彩色野菜の軽い煮込みあんかけ」

1位(会長賞)に選ばれた平江将樹さんと「松茸を包んだ米団子、牛ロースと彩色野菜の軽い煮込みあんかけ」

  •  
  •  

 ホテル日航福岡(福岡市博多区博多駅前2)で8月20日、ホテル内の料飲部レストラン全6店舗と宴会部門、ベーカー部門の若手シェフらによる料理コンテストが行われた。

 同コンクールは、若手のシェフらにも新しいメニューを披露する機会を設け、互いの切磋琢磨(せっさたくま)を目的に1991年より行われており今年で17回目。これまで麺料理やイチジクを使った料理、レディースランチなどさまざまなテーマで行われてきた。

[広告]

 今年のテーマは「米」。経験年数が1年の若手から10年ほどの中堅まで、各店の予選を経て選抜された11人が参加。審査はホテルの役員や女性社員、外部のメディア関係者を招き計10人が審査を行った。赤米や五穀米、もち米などを使ったリゾットやおこげ、アイスなどさまざまなアイデアの料理が並ぶ中、1位(会長賞)に選ばれたのは、中国料理「鴻臚」の平江将樹さんの「松茸を包んだ米団子、牛ロースと彩色野菜の軽い煮込みあんかけ」。平江さんは「オーソドックスな中国料理にパーツを組み合わせた。今後も料理の道を楽しみながら精進したい」と喜びを語った。

 同ホテルの総料理長・中橋義幸さんは「今年はとてもレベルが高かったが、料理の世界では悔しい思いから学ぶことも多いので、甲乙つけることもいいこと。若いシェフには(先輩の)背中を見てもらいたいし、後輩に背中を向けられるシェフであってほしい」と若手の活躍に期待を込めた。

 入賞作品は10月以降、各レストランのメニューに加わる。

壱岐をイメージするイカ料理-ホテルが公募レシピをメニュー化(博多経済新聞)ディナービュッフェが降水確率で割引に-ホテル日航福岡(博多経済新聞)「マキシム・ド・パリ」のコース料理を福岡で-ホテル日航(博多経済新聞)ホテル日航福岡

  • はてなブックマークに追加