天気予報

23

11

みん経トピックス

PR

博多でライトアップウォーク博多でイタリア新酒解禁企画

博多座で川上音二郎100回忌公演-地元の演出家・役者らが集結

博多座で川上音二郎100回忌公演-地元の演出家・役者らが集結

(左から)上田裕子さん、長谷川法世さん、大塚ムネトさん、林雄大さん

写真を拡大 地図を拡大

 博多座(福岡市博多区下川端町2)で12月12日、川上音二郎100回忌企画公演「川上音二郎・貞奴物語」が上演される。

 公演は、漫画家で川上音二郎の研究を行う長谷川法世さんらが「音二郎を再認識するきっかけになれば」と100回忌に合わせて企画。原案は長谷川さん、演出は地元劇団「ギンギラ太陽’s」主宰の大塚ムネトさん、脚本は長谷川さんと大塚さんが共同で手がけ、地元で活動する劇団員らが出演する。

 音二郎が13歳で大阪に家出するところから47歳で亡くなるまでを描く。大塚さんは「作家としてふくらませたいエピソードが多く、上演時間を超えている」と演出家としての苦労も明かし、「音二郎の生き様を描きたい」と意気込みをみせる。

 「演じるにあたっての『もがき』を音二郎の当時の姿に生かせれば」と音二郎役の林雄大さん。貞奴役の上田裕子さんは「私の中にある貞奴を表現していきたい」と話す。「(舞台が)皆で音二郎を勉強する機会になれば」と長谷川さん。

 料金は、A席=7,000円、B席=5,000円、C席=3,000円。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

商業施設「KITTE博多」が4月21日、開業1周年を迎えた(この写真の記事へ)。1周年感謝祭の宣伝隊長に就任したタレントの彦摩呂さんが館内飲食店でグルメレポートを披露
[拡大写真]

アクセスランキング