「おいしいデザイン展」後編で新作も-来場者の作品も展示

ギャラリーアートリエで企画展「おいしいデザイン展」後編が開催

ギャラリーアートリエで企画展「おいしいデザイン展」後編が開催

  •  
  •  

 博多リバレイン(福岡市博多区下川端町)地下2階のギャラリーアートリエ(TEL 092-281-0081)で現在、企画展「おいしいデザイン展」後編が開催されている。

 同展は4月3日より開催されており、前期と後期合わせて27人の地元クリエーターが参加。後期も前期同様、「おいしいデザイン」をテーマに30×30センチの箱の中で各クリエーターが自由に表現する。「前期の作品により一層手を加えて作り込んだ作品もある」と同ギャラリーの小宮芙美さん。後編は計27作品を展示している。

[広告]

 陶器のおでんを箱に入れた作品や、木で食パンを作った作品、一見普通の時計に見えるが、針の下にコーヒー豆を敷き、香ばしいにおいが漂う「おいしい時間」と名付けた作品など、ユニークな発想で来場客を楽しませている。

 会場の壁には、「おいしいデザイン」をテーマに来場者が白い紙皿に絵を描く参加型企画の作品を掲示。「観光客や外国の方の作品も。幸せそうな作品ばっかり」と小宮さん。来場の記念にと日付を記したものや、同展の感想を書いたもの、好きな食べ物を描いたものなど、個性豊かな約350点が飾られている。

 開催時間は10時~20時。入場無料。5月30日まで。

  • はてなブックマークに追加