映画「ヤッターマン」公開で櫻井 翔さん、深田恭子さん来福

会見では柔らかなトーンで記者をわかせた深田さん。

会見では柔らかなトーンで記者をわかせた深田さん。

  •  
  •  

 アクア博多(福岡市博多区中洲5)で2月14日、映画「ヤッターマン」の合同記者会見が行われ、主演の櫻井 翔さん、深田恭子さんが来福し、映画の見どころなどを語った。会場には九州各地から報道陣が100人以上詰めかけ、注目度の高さをうかがわせた。

 同作品は三池崇史監督が同名の人気テレビアニメを実写化。ヤッターマンとドロンボー一味が繰り広げる攻防を描く。ヒーローに櫻井翔さん、相手役に福田沙紀さん、ドロンジョ役に深田恭子さんとフレッシュな顔ぶれ。共演はほかに生瀬勝久さん、ケンドーコバヤシさんら。

[広告]

 役をもらった時の心境について櫻井さんは「最初何で俺(が選ばれたんだろう)という不思議な感じでイメージがわかなかったが、日本のポップカルチャーのワンピースになるような作品だというのなら、と思って(引き受けた)」と話し、深田さんも「おしおきされた格好の印象が強かったのでどうしようと思っていたが、人気のあるキャラクターなので、それを壊さずに、自分らしいドロンジョを作り上げられたらと思った」と話した。

 また役作りについては「ちょっときめきれない人間味のあるヒーローが魅力だと思ったので、そこを大切に演じた。完成後(の衣装は思ったより)あまり顔映らないかな」(櫻井さん)と話し、深田さんも話題の衣装について「ドロンジョの衣装についてはアニメとは一部違っているが、実写ならではの格好よさを皆で話し合って決めたのでとても気に入っている。完成したときは恥ずかしいというよりも嬉しかった」と笑顔を見せ、入浴シーン前日に爪をドクロのネイルにするなど細かい気遣いについても明かした。

 ほかにも「クランクインの1カ月前にけん玉を渡されたが、ほとんどCGになってしまった」(櫻井さん)、「ボヤッキーとトンズラーを蹴るシーンがたくさんあると思っていたので、誰に言われる訳でもなく、高く早く蹴り上げる練習をした。(実際のシーンは)とても満足している」と会場をわかせ、会見は終始和やかに進んだ。

 同作品は3月7日から、ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13のほか全国の劇場で公開予定。

  • はてなブックマークに追加