食べる

博多でイベント「あんぱんパーク」 福岡市初、48店70種のあんぱんそろう

2019年5月開催の様子

2019年5月開催の様子

  • 57

  •  

 あんぱんに特化したイベント「第13回 あんぱんパーク」が10月21日から、ベイサイドプレイス博多(福岡市博多区築港本町)の海側イベントスペースで開催される。

[広告]

 2018(平成30)年に始まった「あんぱんパーク」は、これまでに北九州、広島、韓国・釜山などで開いてきた。今回が福岡市初開催。県内外から48店舗が参加し、70種類以上のあんぱんやイベント限定商品のほか、コーヒー、スイーツ、フードなどを販売する。

 会場では、「手造りクロワッサン専門店 ラパン」(福岡市東区)の「わらび餅と小倉あんのクロワッサンダマンド」(378円)、「PANYA ASIYA」(福岡市中央区)の「あん食パン」(1斤=918円)、「横田商店」(東京都)の「もちクリームパン十勝あずき」(248円)、「菱田ベーカリー」(高知県)の「羊羹(ようかん)ぱん」(220円)、「ベーカリーメルシー」(山口県)の「うぐいすパン」(172円)などをそろえる。

 実行委員会代表の時松順(すなお)さんは「市内だけではなく市外県外からも多数出店するので、通常は片道数時間かかるあんぱんの食べ比べを楽しんでほしい」と話す。

 営業時間は10時~17時(売り切れ次第終了)。入場無料。小雨開催、荒天中止。今月28日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース