暮らす・働く

JR博多シティが開業10周年迎える 10年間で6億4500万人が来館

くす玉割りの様子 JR博多シティ社長の前田勇人さん(右から2人目)、博多阪急店長の亀井潤一さん(左から2人目)など

くす玉割りの様子 JR博多シティ社長の前田勇人さん(右から2人目)、博多阪急店長の亀井潤一さん(左から2人目)など

  • 26

  •  

 JR博多シティと博多阪急の開業10周年を記念するセレモニーが3月3日、博多阪急(福岡市博多区博多駅中央街)1階メディアステージで開催された。

ハートの立体オブジェ

 2011(平成23)年3月3日に開業した両施設。セレモニーではJR博多シティ社長の前田勇人さん、阪急阪神百貨店 常務執行役員で博多阪急店長の亀井潤一さんが登壇し、10年を振り返り感謝を伝え、今後の展開などについて話した。

[広告]

 10年間で約6億4500万人の来館があったというJR博多シティ。前田社長は「今年は次の10年に向けたスタートの年」とし「これからも、地域を元気にし、もっとワクワクしてお買い物や食事を楽しんでもらえるようなJR博多シティをつくっていく」と意欲を見せた。

 亀井店長は「10周年の今年、福岡にゆかりのあるイベントやさまざまな企画を準備した。コロナ感染予防対策もしっかり行い、お客さまに来てもらえる店づくりを目指す」などと話した。

 くす玉割りが行われ、JR博多シティ10周年ビジュアルモデルを務めたスタッフ1人と、開業から博多阪急で働くスタッフ1人がゲストとして登壇した。

 同日からアーティスト・西村公一さんが制作したハートの立体オブジェをアミュプラザ博多・エスカレーターの3階吹き抜けに設置。

 開業日限定イベントとして、FM福岡JR博多シティスタジオで特別番組を生放送するほか、アミュ、アミュエスト、デイトスなどのスタッフがハートのマークが付いたそろいのマスクを着けて接客を行う。

 営業時間は店舗により異なる。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース