食べる

石村萬盛堂、創業115周年記念で博多人形師とコラボした「干支鶴乃子」

「親牛干支鶴乃子」

「親牛干支鶴乃子」

  • 16

  •  

 老舗の製菓店「石村萬盛堂」(福岡市博多区須崎町2)が11月5日、創業115周年を記念し、博多人形師がパッケージデザインを手掛けた菓子「令和3年 干支(えと)鶴乃子」の販売を始めた。

「子牛干支鶴乃子」

 今年12月25日に創業115周年を迎える石村萬盛堂。明治期より「銘菓 鶴乃子」などを販売する。115周年記念に感謝の気持ちを込め、博多文化を振り返り、博多人形師の中村弘峰さんがパッケージデザインを手掛けた「干支鶴乃子」を「い(1)い(1)ごえん(5)」に合わせて同日より販売した。

[広告]

 来年の干支「辛丑(かのとうし)」年の限定パッケージ。親牛のデザインの「親牛干支鶴乃子」(5個入り、756円)と、子牛のデザインの「子牛干支鶴乃子」(2個入り、378円)の2種類を用意する。数量限定で、2月ごろまで販売予定。無くなり次第終了。

 同社では115周年の1年を通して、パネル展などイベントを実施していく予定。