3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

博多駅前にカプセルホテル「ナインアワーズ」 スマートチェックインシステム導入

「ナインアワーズ博多駅」外観イメージ

「ナインアワーズ博多駅」外観イメージ

  • 11

  •  

 カプセルホテル「ナインアワーズ博多駅」(福岡市博多区博多駅前3、TEL 092-292-4455)が9月14日、オープンする。

エントランス・ラウンジスペース

 「ナインアワーズ」(東京都千代田区)が手掛けるカプセルホテル。東京、大阪など国内に15施設展開し、九州では「ナインアワーズ中洲川端駅」(博多区下川端町3)に次ぐ2施設目の開業となる。

[広告]

 同施設は「ナインアワーズ」初となるスマートチェックインシステムを導入。AIによる顔認証システムを用いたセルフチェックインや各種キャッシュレス決済を導入する。エントランスにはサーモカメラによる検温チェックを取り入れる。フロント業務の自動化で、これまでフロントで販売していたドリンクやアメニティー類は自動販売機で販売する。

 建物は地上9階建て。1階・2階にテナント、3階・4階に男性専用カプセルフロア、5階・6階に女性専用カプセルフロア、7階に男性専用ロッカーとシャワーエリア、8階に女性専用ロッカーとシャワーエリア、9階にエントランスとラウンジスペースを設ける。内装設計は、建築家・芦沢啓治さんが担当。これまでに開業した東京・蒲田、名古屋に続きナインアワーズとしては3店舗目という。

 利用料金は、宿泊=4,900円~(チェックイン=14時~、チェックアウト=10時)、仮眠=1,000円~(利用可能時間=14時~21時)、シャワー=700円(チェックインから1時間以内に要チェックアウト、24時間利用可能)。

Stay at Home