3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

福岡の「ヤマップ」と漫画「山と食欲と私」がコラボ 「山ごはん」バトル開催へ

「山ごはん」イメージ画像

「山ごはん」イメージ画像

  • 80

  •  

 登山アプリ・ウェブサービス「YAMAP」を運営する「ヤマップ」(福岡市博多区博多駅前3)が新潮社の漫画「山と食欲と私」とコラボし現在、「山ごはん」バトル企画「THE 山ごはん王決定戦」を開催している。

 漫画「山と食欲と私」は、漫画家・信濃川日出雄さんが2015(平成27)年から連載している登山と食を題材にした作品。ヤマップは、本格的な登山者によってつくられてきた「山ごはん文化」を継承し、さらに発展させたいと考えており、「山と食欲と私」とのコラボが決定。同社は「登山やアウトドアの楽しさを伝えることにもつなげていきたい」とする。

[広告]

 「THE 山ごはん王決定戦」は、自然の中で食事する楽しさと「山ごはん」文化の魅力を引き出し、広げたいという思いから初開催する。開催期間は8月~12月の約5カ月間で、予選・準決勝・決勝の全3ラウンドで行う。登山業界の著名人や雑誌、メディアから集まった審査員が、各ラウンドのテーマに沿った「山ごはん」レシピを審査する。

 8月上旬~9月下旬の予選では「地元・地方を応援しよう」をテーマに写真と文章で審査し12人を選出。10月上旬~11月中旬の準決勝では「縦走登山の料理スキルで競え!」をテーマに写真と文章、動画で審査し4人を選出。11月中旬~12月中旬の決勝戦では「大切な人にふるまう『愛』の山ごはん」をテーマに写真やエッセー、動画など自分の得意な方法で表現し、それを基に「初代山ごはん王」を決定する。優勝者には「初代山ごはん王」の称号と賞品を進呈する。

 ヤマップ企画担当の大村雄太さんは「腕に自信のある方、山ごはん文化を広げたいという方に、参加いただければ」と話す。

 現在、予選エントリー作品を募集している。応募締め切りは8月31日。

Stay at Home