3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

新出光不動産と九大が産学連携 学生考案のイタリアをイメージしたリノベ物件完成

新出光不動産と九大の産学連携プロジェクトによるリノベーション物件

新出光不動産と九大の産学連携プロジェクトによるリノベーション物件

  • 68

  •  

 新出光不動産(福岡市博多区上呉服町1)は九州大学芸術工学研究院(南区塩原4)田上研究室との産学連携プロジェクトを実施し、学生考案の「イタリア」をイメージしたリノベーション物件が4月25日に完成した。

間取り図

 新出光(上呉服町1)のグループ会社である同社は、イデックスグループで開催した社内アイデアコンテスト「NEXT NAVIGATOR 2018」で「ベストアイデア賞」を受賞した「賃貸マンションの空室対策×買取再販時のリノベーション×産学連携」を実現すべく、昨年11月に九州大学との共同研究契約を締結した。

[広告]

 同大学が持つ高い専門性や学生の消費者目線でのアイデアを取り入れ、付加価値の高い物件へのリノベーションを目指し、今年1月初旬に同研究室の学生5チームからリノベーション案のプレゼンを受けた。1月28日に採用案が決定し、コロナ対策に十分に配慮しながら施工し、4月25に完成。

 物件は東区箱崎にある15階建て分譲マンションの一室で、広さは約71平方メートル、間取りは2LDK。採用したリノベーション案はミラノ工科大学から交換留学中のイタリア人学生チームのもの。「OPEN FLAT」をコンセプトとし、イタリアで主流という緑色や黄色を使い、小さな空間であっても開放感があり、イタリアンテイストな部屋となっているという。物件は現在販売中で、内覧可能。

 同社担当者は「今回のような再販事業や賃貸管理において、外部からの柔軟で多様性のあるアイデアを取り入れながら特色のある物件をつくることで、心豊かな暮らしの提供を実現し、イデックスグループ事業6本柱の一つである不動産事業の更なる拡大を目指していく」と話す。

Stay at Home