食べる

福岡サンパレスで「壱岐牛と山海の恵み グルメフェア」 壱岐の食材使い

「壱岐牛と山海の恵みパエリア」

「壱岐牛と山海の恵みパエリア」

  •  

 福岡サンパレス ホテル&ホール(福岡市博多区築港本町)で9月1日から、「壱岐牛と山海の恵み グルメフェア」が開催される。

 同施設内のレストラン3店舗と、ホテルに隣接する福岡国際会議場のレストランで開催し、長崎県壱岐市の食材を使ったメニューを提供する。

[広告]

 期間中、ホテル10階の「展望レストラン LAPUTA(ラピュタ)」では、壱岐牛のステーキと壱岐産のサザエや米などを使ったパエリア「壱岐牛と山海の恵みパエリア」(2,800円)を用意。9階の「博多料理 銀河」では「壱岐牛の陶板焼きステーキ膳」(2,680円)を提供する。1階の「レストラン&カフェ Lagoon(ラグーン)」は、8月20日より先行して「壱岐牛ローストビーフ丼」「壱岐牛の焼肉膳」(以上1,980円)、「壱岐 山海の恵みオムライス」(1,800円)の3つのメニューを提供。9月からは壱岐産のユズを使ったデザートも用意する。

 福岡国際会議場1階の「レストラン ラコンテ」では、壱岐牛と壱岐産の卵「素直な恋たまご」を使った「壱岐牛の牛丼膳」(1,600円)を提供する。

 フェアメニュー提供時間は、「展望レストラン LAPUTA」と「博多料理 銀河」=11時30分~14時、「レストラン&カフェ Lagoon」「レストラン ラコンテ」=11時~18時(以上ラストオーダー)。10月31日まで。