食べる

ホテル日航福岡にすし「銀明翠 博多」 九州初出店

ランチメニューの「極上にぎり」

ランチメニューの「極上にぎり」

  •  

 ホテル日航福岡(福岡市博多区博多駅前2)2階に7月10日、すし「銀明翠(ぎんめいすい) 博多」(TEL 092-482-1174)がオープンした。

店内の様子

 「銀明翠」は、静岡のリゾートホテル「マースウッドガーデン御殿場」メインダイニングの鉄板焼きと京会席として誕生。東京・銀座の鉄板焼き「銀明翠」の出店に続き、すし店として九州初出店する。運営は、ホテル事業やレストラン事業を手掛けるマースプランニング(東京都新宿区)。店内は全てカウンター席で全10席。

[広告]

 ランチメニューは、すし8種をはじめ巻物や茶わん蒸し、汁物、デザートが付いた「上にぎり」(3,132円)や、すし12種や巻物、茶わん蒸し、汁物、デザートが付く「極上にぎり」(5,400円)などを用意。ディナーメニューは、すし7種と巻物2種、お造りなどが付く「おまかせ」(8,640円)などを提供する。

 営業時間は、ランチ=11時30分~14時30分、ディナー=17時~21時30分。