天気予報

29

21

みん経トピックス

博多の商店街にWi-Fi博多駅で「鯨フェス」

JR博多シティ、少女マンガ雑誌「りぼん」とコラボ 館内に人気8作の名シーンなど展示

JR博多シティ、少女マンガ雑誌「りぼん」とコラボ 館内に人気8作の名シーンなど展示

©彩花みん、池野恋、小花美穂、高須賀由枝、
水沢めぐみ、矢沢あい、矢沢漫画制作所、
吉住渉/集英社・りぼん

写真を拡大 地図を拡大

 JR博多シティ(福岡市博多区博多駅中央街)は2月1日から、少女マンガ雑誌「りぼん」とバレンタイン限定コラボレーション企画「2018 Amu Hakata Valentine’s Day -恋ときずなの物語-」を展開する。

 「りぼん」は、1955年に創刊した小中学生向けの少女マンガ雑誌。期間中は、アミュプラザ博多・アミュエストの館内各所に、人気作品の名シーンやキャラクターのセリフなどを展示する。

 展示する作品は、同館のターゲット層である20~40代の女性が小中学生時代に読んでいた「天使なんかじゃない」「ママレード・ボーイ」「姫ちゃんのリボン」「ときめきトゥナイト」「ご近所物語」「赤ずきんチャチャ」など8作品。

 アミュプラザ博多4~6階北側エスカレーター横のスペースでは、りぼんの歴史を振り返る展示をするほか、同5階北側にはフォトスポットなども設ける。

 2月4日には、現在連載中のマンガ「古屋先生は杏ちゃんのモノ」の作者・香純裕子先生によるサイン会、同10日~12日には「りぼん」の付録作りワークショップなどを開く。

 開催時間は10時~21時。2月14日まで。

グローバルフォトニュース