博多座製作のミュージカル「舞妓はレディ」公開製作発表

博多座でミュージカル「舞妓はレディ」の製作発表が行われた

博多座でミュージカル「舞妓はレディ」の製作発表が行われた

  •  

 博多座(福岡市博多区下川端町2)で12月13日、来年3月公演のミュージカル「舞妓はレディ」の製作発表が行われた。

 映画「Shall weダンス?」などを手掛けた周防正行監督原作の映画「舞妓はレディ」を舞台化した、博多座製作のミュージカル。舞妓を目指す少女の成長を描く。主人公の舞妓を目指す少女・春子は、博多座で最年少主演女優となる唯月ふうかさんが演じる。

[広告]

 製作発表会見は、約1000人の観客を招待して実施。周防監督と唯月さん、榊原郁恵さん、平方元基さん、演出家・寺﨑秀臣さんが出席した。

 唯月さんは「着物での舞台は初。『春子頑張れ』と思ってもらえるよう、心を込めて演じたい」とあいさつ。榊原さんは「初の博多座。久しぶりのミュージカルでどれだけ緊張していることか」と明かし、会場を沸かせた。

 福岡県出身の平方さんは「地元なので(会見に)親戚がいて驚いた」と照れた様子。福岡でお薦めのグルメを問われると「コシのないうどんを食べに(共演者を)連れていきたい」と話した。周防監督は「映画と違う世界感で作られる舞台が大変楽しみ」と期待を寄せる。

 公演は来年3月4日~20日。料金は、A席=1万2,000円、特B席=9,000円、B席=7,000円、C席=4,000円。