天気予報

25

12

みん経トピックス

PR

福岡・住吉神社で「観月会」学生が週替わりで写真展開く

祇園町に町家カフェ「太郎茶屋鎌倉」-ビジネス街のOLらで人気に

祇園町に町家カフェ「太郎茶屋鎌倉」-ビジネス街のOLらで人気に

店内は木目のテーブルや電子ピアノの自動演奏も。仕切られたテーブル席もあり、作務衣や二部式を客用したスタッフが応対、心地いいBGMが流れる。

写真を拡大 地図を拡大

 陶芸店と工房、美容院、ブランドショップ、喫茶店、居酒屋などが集まる「播磨陶芸村」(兵庫県姫路市)を運営する太郎屋本舗(同)が8月、福岡市内では2店舗目となる「町家カフェ 太郎茶屋鎌倉 祇園店」(福岡市博多区祇園町、TEL 092-403-5675)をオープンし、話題を呼んでいる。

 関西を中心にFC展開する同店は、5月にオープンした東入部店に続き市内2店舗目。同社が南条焼の窯元でもあることから、料理を提供する器にもこだわった。店内には町家の雰囲気をイメージした和のテイストをふんだんに盛り込み、ホールスタッフは作務衣、二部式に草履を着用している。

 同店オーナーの安藤康江さんが2年ほど検討を重ねて決めたビジネス街という立地は、OLを中心に人気に火が付き、現在では男性や年配層も含め、1日に100人ほどが来店する日もあるという。店舗面積は約30坪で、カウンター8席、テラス6席、テーブル席34席。客単価は昼=1,000円、夜=3,000円前後を想定している。

 「人気」(同店)は、深煎りのきなこを使った手作りの「わらびもち」(400円)。テークアウト(500円~)も可能で、早い時には閉店を待たずに売り切れることもあるという。ほかにも「鎌倉ぜんざい」(580円)、「黒胡麻アイス」(380円)、「抹茶クリームあんみつ」(620円)など、豊富な甘味やセットメニューなどを充実させた。「オムライス」(780円)や「鎌倉御膳」(1,280円)など定食類のほか、オリジナル陶器で客自身がドリップする「ブレンド珈琲」(380円)、自身でたてる「お茶屋のお抹茶」(450円)など、ドリンク類も用意する。

 祇園店のみ、安藤さんが「女性ひとりでも気軽に飲んでいただけたら」との思いで選んだワインを、グラス(500円)、ボトル(1,800円~)で提供する。「ビジネス街で疲れた体をゆっくり癒していただけたら」(同)と話している。

 営業時間は10時~23時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

商業施設「KITTE博多」が4月21日、開業1周年を迎えた(この写真の記事へ)。1周年感謝祭の宣伝隊長に就任したタレントの彦摩呂さんが館内飲食店でグルメレポートを披露
[拡大写真]

アクセスランキング