食べる 買う

住吉神社で「大博多輸入雑貨市」-15カ国超の雑貨や料理が一堂に

住吉神社で「大博多輸入雑貨市」が開催

住吉神社で「大博多輸入雑貨市」が開催

  •  
  •  

 住吉神社(福岡市博多区住吉3)で10月12日・13日、世界15カ国以上の雑貨や料理を集める「大博多輸入雑貨市」が開催される。

 チェコ雑貨などをそろえる雑貨店「sweet rocket plus」が主催する同イベント。昨年は延べ4000人が来場し、にぎわいを見せた。

[広告]

 今回は、アジア雑貨「カパロロ」(中央区大名1)、ドイツ雑貨「MARKT(マルクト)」(大宮1)、ロシア雑貨「やるまるか」(久留米市)、インド・パキスタン料理店「ZAEKA(ザエカ)」(舞鶴1)、モンゴル料理店「モンゴルレストラン チンギス・ハン」(吉塚1)などの飲食店や雑貨店約40店が出店する。料理は、ピロシキやボルシチ、蒸しギョーザ、カレーなどのほか、15カ国以上のビール20種類以上をそろえる。

 境内では、稚児行列や流鏑馬(やぶさめ)など例大祭の行事も行われる。開催時間は、12日=12時~20時、13日=11時~19時。雨天の場合は10月19日・20日に延期。

  • はてなブックマークに追加