食べる

ベイサイドプレイス博多に今冬も「かき小屋」 来年3月までの期間限定で

ベイサイドプレイス博多にオープンしたカキ小屋

ベイサイドプレイス博多にオープンしたカキ小屋

  • 0

  •  

 「かき小屋 in ベイサイド」(TEL 092-263-0556)が11月3日、ベイサイドプレイス博多(福岡市博多区築港本町)で始まった。

店内の様子

[広告]

 毎年冬の恒例となっている同施設のかき小屋。屋根付きの野外施設「ベイサイドキャノピー」に約80席を設けて行う。カキをはじめ、シーフードや肉などの具材を炭火で焼いてバーベキュースタイルで楽しむことができる。

 メニューは、カキ(1盛り8~9個=1,100円)、カキ1盛りにサザエ、ホタテもしくはヒオウギ貝を盛り合わせたセットメニュー「湾岸A(2人前)」(2,500円)、カキやサザエ、豚バラ串、手羽先、おにぎりなどに90分の飲み放題が付いた「宴会コース」(5,800円)のほか、専用の缶にカキや魚介類を詰め込んでそのままじか火にかけ特製だしで蒸し焼きにする「ガンガン焼き」(2,500円~)を準備する。カキは時期によって産地が異なり、室津産(11月ごろ)、津屋崎産(11月後半~2月ごろ)、佐賀産(2月~3月ごろ)を予定している。炭代は1人380円(宴会コース以外)。

 同施設広報の佐野由紀江さんは「人気メニューの一つ『ガンガン焼』のだしで蒸したカキは絶品で、締めの雑炊も格別。ふっくらとした食感で、焼きカキとの違いを楽しめる。天神や博多から近い港で、海の風を感じながらおいしいカキを味わってもらえれば」と話す。

 営業時間は11時~22時。来年3月26日まで(1月1日、2日は休み)。

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース