見る・遊ぶ

福岡アジア美術館で漫画家・石田スイさん初の大規模展覧会 初期作品のアナログ原稿も

「石田スイ展 [東京喰種・JACKJEANNE]」 本展メインビジュアル(縦) ©Sui Ishida/SHUEISHA ©Sui Ishida/BROCCOLI

「石田スイ展 [東京喰種・JACKJEANNE]」 本展メインビジュアル(縦) ©Sui Ishida/SHUEISHA ©Sui Ishida/BROCCOLI

  • 12

  •  

 漫画家・石田スイさんの初の大規模展覧会「石田スイ展 [東京喰種・JACKJEANNE]」が現在、福岡アジア美術館(福岡市博多区下川端3)企画ギャラリーA・B・Cで開催されている。

「石田スイ展 [東京喰種・JACKJEANNE]」 本展メインビジュアル(横)

 石田スイさんは福岡県出身の漫画家で、漫画「東京喰種トーキョーグール」「東京喰種トーキョーグール:re」を手掛けるほか、Nintendo Switch用ゲーム「ジャックジャンヌ」の原作・キャラクターデザイン・シナリオなどを務め、今年で画業10周年を迎える。

[広告]

 初の大規模展覧会となる同展のテーマは「石田スイの世界を追体験、~ゼロから作品が生まれるまで~」。本展初公開となる石田さんの初期作品のアナログ原稿をはじめ、「ジャックジャンヌ」の貴重な設定資料などを展示する。同展は今年2月に開催された東京会場に続き2都市目の開催となる。

 会場は、展覧会のイントロダクションとして石田さんのイラスト約710点と、テレビアニメ「東京喰種トーキョーグール」のオープニングテーマ「unravel」を新たにリミックスした「unravel(n-buna from ヨルシカ Remix)/TK from凛として時雨」の楽曲を使い17台のモニターで構成したビデオコラージュ展示「はじまりの部屋」や、漫画「東京喰種トーキョーグール」の世界を再現した「『東京喰種トーキョーグール』エリア」、「ジャックジャンヌ」の作品創作の過程を紹介した「『ジャックジャンヌ』エリア」などで構成される。

 オフィシャルグッズとして、展覧会書き下ろしのメインビジュアルを使った限定グッズ「図録」(3,080円)や、「A5リングノート」(550円)、「東京喰種トーキョーグール」のグッズ「ハードカバーノート」(2,200円)や、「ジャックジャンヌ」のグッズ「トレーディングポストカード」(ランダム、全9種、各440円)などを販売する。

 開催時間は9時30分~18時(金曜・土曜は20時まで)。水曜休館(祝日の場合は翌平日)。観覧料は、一般・大学生=1,500円、小中高生=1,000円。中学生未満は保護者同伴。5月16日まで。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース