買う

博多で「クラシックカメラ博」 フィルムカメラなど2000点展示販売、電話注文も

「NIKON I型 50/2」

「NIKON I型 50/2」

  • 29

  •  

 「第2回 クラシックカメラ博 in 博多」が1月21日、博多阪急(福岡市博多区博多駅中央街)8階催場で始まった。

 フィルムカメラを中心にデジタルカメラ、世界各国のフィルム、レンズなど約2000点を展示販売する。「カメラのゴゴー商会」(上川端町14)、「大塚商会」(愛知県名古屋市)、「藤井商店」(大阪府大阪市)、「元町カメラ」(兵庫県神戸市)など国内のカメラ店が出店する。

[広告]

 今回出品される中での最高額の商品は、1948(昭和23)年に初めて「ニコン」という名で発売された「NIKON I型 50/2(ケース付き)」(275万円、限定1点)、最古の商品は「Vest Pocket Kodak」(7,000円、限定1点)。そのほか、全て警察に納入され市販されなかったというカメラ「MAMIYA ピストル」(97万9,000円、限定1)などを展示販売する。

 会場では、写真レンズの歴史研究家・岸本陸一さんによる「幕末のレンズで撮る現代の福岡 写真展」や、23日からは各店舗でジャンク市を開催する。

 今回は会場販売のほか、電話で注文・ウェブで決済し自宅などに商品が届くリモートショッピングサービス「リモオーダー」にも対応する。

 開催時間は10時~20時(最終日は17時まで)。入場無料。今月26日まで。