食べる

キャナルシティ博多で館内飲食店9店舗が参加する「キャナルお弁当マーケット」

「牛たん焼き仙台辺見」の「上たん焼き弁当」

「牛たん焼き仙台辺見」の「上たん焼き弁当」

  • 20

  •  

 テークアウト弁当販売会「キャナルお弁当マーケット」が9月28日、キャナルシティ博多イーストビル(福岡市博多区祇園町9)1階で始まった。

「新福菜館」の「黒焼きめし」

 キャナルシティ博多が約1カ月間、3つのジャンルのマルシェをまとめて開催する「キャナル秋の市」の第1弾。平日のみ行い、同館内の飲食店9店舗が参加する。「キャナルお弁当マーケット」としては2回目。今年6月に期間限定で初開催した際は、開始から15分ほどで完売する店舗もあったという。

[広告]

 ラインアップは、今回初参加となる中華そば専門店「新福菜館」のチャーシューの漬けだれを使った焼き飯「黒焼きめし」(650円)をはじめ、牛たん焼き専門店「牛たん焼き仙台辺見」の「上たん焼き弁当」(1,350円)、シーフードレストラン「ダンシングクラブ福岡」の「シンガポール チキンライス弁当」(500円)、中華料理店「南翔饅頭(まんとう)店」の「海鮮あんかけ丼」(700円)、料理家・栗原はるみさんがプロデュースするレストラン「ゆとりの空間」の「栗原はるみ 『ハーブトマトソースの 煮込みミートボール』弁当」(500円)、豚カツ専門店「とんかつ新宿さぼてん」の「熟成三元麦豚ロースかつ弁当」(600円)など。

 開催時間は12時~13時(売り切れ次第終了)。10月9日まで。

Stay at Home