福岡空港でクリスマスイベント-ホークス・アビスパのメッセージ展も

空港各所にはハートをかたどったクリスマスフェアのマークやツリーが数多く設置されている。

空港各所にはハートをかたどったクリスマスフェアのマークやツリーが数多く設置されている。

  •  
  •  

 福岡空港国内線第3ターミナル(福岡市博多区大字下臼井)2階で12月23日、毎年好評のクリスマスイベントが行われる。

イベントでは、今年は福岡第一高等学校吹奏楽部によるクリスマスコンサートをはじめ、アジア太平洋こども会議や博多どんたくなどでダンスを披露している「シン・ダンシング・ブリーズ」の子どもたちによるダンシングショーが行われる。そのほか、カリグラフィーでグリーティングカードを作る体験教室やバルーンアートを作る体験教室も開催する。

[広告]

 また、国内線第2ターミナル3階の飲食中央エリアと国際線ターミナル1階到着ロビーには、福岡ソフトバンクホークスとアビスパ福岡の選手らのパネルを展示し、応援メッセージを記入するコーナーを設置。抽選で直筆サインが当たる。

 同空港ターミナルビルでは現在、直径2.5メートルの巨大なリースを展示しているほか、ビル内各所にもクリスマスツリーを設置し、空港を行き交う人々の目を楽しませている。併せて「福岡空港フォトコンテスト」の作品も募集しており、同ビルディング渉外部の對馬稔さんは「(都心から)こんなに近い空港は当たり前のようだが、実はすごいこと。旅行や仕事以外でもカメラひとつ持って来ていただけたら」と話す。

 イベント開催時間は、高校生らのクリスマスコンサート=10時30分~・15時15分~、子どもたちによるクリスマスダンスショー=13時30分~、カリグラフィー体験教室=10時~14時(当日随時受け付け)。ホークスとアビスパの応援コーナー開設は今月25日まで。全て無料。フォトコンテストの応募締切は来年1月20日(必着)。

  • はてなブックマークに追加