見る・遊ぶ

福岡アジア美術館で「木梨憲武展」 絵画やオブジェなど150点一堂に

木梨憲武さん ©NORITAKE KINASHI/撮影:杉田裕一

木梨憲武さん ©NORITAKE KINASHI/撮影:杉田裕一

  •  
  •  

 個展「木梨憲武展 Timing-瞬間の光り-」が1月26日から、福岡アジア美術館(福岡市博多区下川端町3)企画ギャラリーA、B、Cで開催される。

 木梨憲武さんは1962(昭和37)年東京生まれ。とんねるずとして活躍する一方、アトリエを持ち画家としても活動している。2014(平成26)年から2016(平成28)年にかけて全国8会場を巡回した「木梨憲武展×20years」は、同館でも開催した。2018(平成30)年6月には、イギリス・ロンドンで個展を開催するなど活躍の幅を広げている。

[広告]

 同展は、2018年7月の大阪を皮切りに、2020年5月の東京開催まで国内15会場を巡回する。会場では、ロンドンで披露した新作を中心に、絵画、ドローイング、映像、オブジェなど約150点の作品を展示する。公式作品集など展覧会グッズの販売も行う。

 開館時間は9時30分~18時(金曜・土曜は20時まで、最終日は17時まで、入場は30分前まで)。水曜休館。観覧料は、一般=1,300円(前売り1,100円)、中高生=700円(同500円)、小学生以下無料(要保護者同伴)。3月1日まで。

SmartNews Awards 2019