見る・遊ぶ

福岡アジア美術館で「アジア美術、100年の旅」 開館20周年記念で

ドゥリヤ・カージー、デイヴィッド・エルスワース、イフティハール・ダーディー、エリザベス・ダーディー[パキスタン]《ハート・マハル》1996年、福岡アジア美術館蔵 Durriya Kazi, David Alesworth, Iftikhar Dadi, and Elizabeth Dadi(Pakistan) Heart Mahal, 1996, Collection of Fukuoka Asian Art Museum

ドゥリヤ・カージー、デイヴィッド・エルスワース、イフティハール・ダーディー、エリザベス・ダーディー[パキスタン]《ハート・マハル》1996年、福岡アジア美術館蔵 Durriya Kazi, David Alesworth, Iftikhar Dadi, and Elizabeth Dadi(Pakistan) Heart Mahal, 1996, Collection of Fukuoka Asian Art Museum

  •  
  •  

 展覧会「アジア美術、100年の旅」が10月5日から、福岡アジア美術館(福岡市博多区下川端3)で開催されている。

 福岡アジア美術館の開館20周年を記念した展覧会。同館のコレクション約3000点の中から、絵画や彫刻、写真、映像、インスタレーションなど約300点を一堂に展示する。

[広告]

 会場では東アジア、東南アジア、南アジアの各地域の近現代美術作品、民俗芸術、大衆芸術など幅広い作品を展示。アジア美術の表現やテーマの変化を100年という流れの中で紹介する。このほか、アジアと福岡の交流から生まれた作品を紹介する。

 関連イベントとして、10月20日・27日、11月10日・17日の14時から、学芸員によるギャラリートークを行う(予約不要、要展覧会チケット)。11月3日の13時~、15時15分~は所蔵作品上映イベント「アジアの映像セレクション-アジアの景色/福岡への旅」などを開催する(予約不要、入場無料)。

 観覧時間は9時30分~18時(金曜・土曜は20時まで)。水曜休館。観覧料は、一般=1,000円、高大生=800円、中学生以下無料。11月26日まで。

  • はてなブックマークに追加