見る・遊ぶ

博多で紙イベント「紙博 in 福岡」 全国各地の紙物が集結

過去開催の様子

過去開催の様子

  •  

 全国各地から紙物が集まるイベント「紙博 in 福岡」が12月15日・16日、南近代ビル(福岡市博多区博多駅南4)3階貸会議室で開催される。

過去開催の様子

 昨年4月に東京で初めて開催され、同年12月に京都で開催された同展。今年6月・7月に東京・京都で2度目の開催を経て、福岡では初めて開催する。主催はイベント主催や雑貨店の経営を行う手紙社(東京都調布市)。

[広告]

 イベントは「展示販売会」形式で行う。モダンペーパーなどを取り扱う「夜長堂」(大阪府大阪市北区)、海外の輸入包装紙などを取り扱う専門店「REGARO PAPIRO(レガーロ パピロ)」(中央区六本松1)、17時にオープンするというコンセプトの文具店「ぷんぷく堂」(千葉県市川市)、札幌在住のイラストレーター・のりおさんとあさみさんによるユニット「ネクタイ」、主催・手紙社の「手紙社 雑貨店」など51の店・作家が出展する。

 そのほか、紙の楽器「ペパニカ」作りのワークショップや、「レトロ印刷JAM」(大阪府大阪市北区)による孔版印刷のオリジナルペーパー作り、メモを「もぐ」体験ができる「もぎりメモ」などのイベントを予定する。

 同展の編集長を務める手紙社の藤枝梢さんは「色やデザインはもちろん、質感やその形状に至るまで、紙の多様性を会場で楽しんでいただけたら」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は10時~17時。入場料500円(小学生以下無料)。