天気予報

29

21

みん経トピックス

オークラ福岡でバーベキュー博多にディーンさんショップ

博多駅の商業施設「マイング」が新CM 九州土産と博多人形が合体し、歌って踊る

博多駅の商業施設「マイング」が新CM 九州土産と博多人形が合体し、歌って踊る

「マイング」新CMより、同館内を踊るシーン

写真を拡大 地図を拡大

 博多駅構内にある商業施設「マイング」(福岡市博多区博多駅中央街)が現在、九州土産品と博多人形の顔が合体したキャラクターが登場する新CMを放映している。

 「マイング」が2年ぶりにCMをリニューアルし、4月23日からテレビ放映と公開を開始したもの。今回は「博多エキナカにある、九州最大級のおみやげ処」として「博多のまんなか マイング」というメッセージに、「普段使いもできる場所」という要素も加えて、2種類をCM化した。

 登場する博多人形の顔は、博多人形師・伝統工芸士の松尾吉将さんが制作した。マイングをイメージして、同CMのために新しいオリジナルの顔も制作。松尾さんの作品は、同施設で開催したイベント「ストロベリーラブフェスタ 2018」のメインキャラクターの顔でも使われている。

 CMでは、めんたいこやカステラ、さつまあげなどの九州土産品に博多人形の顔が合体し、立体化して登場。オリジナルのCMソングを混声合唱団のように歌いながら、博多駅に目がけ降りてきて「マイング」に集結し、同館内を踊ったり、スーパーで買い物したりする。

 販売促進部の池大地さんは「(同CMは)マイングの魅力をシンボリックに、インパクトのある映像と音楽で表現した。現在は福岡県内のみでの放映だが、今夏からは広域からお客さまが多い九州最大級のおみやげ処として、福岡県外でもお届けしていければと考えている」と話す。

 同CMは現在福岡県内でテレビ放映しているほか、マイング公式サイトや同館内のデジタルサイネージでも公開している。

グローバルフォトニュース