キャナルシティ博多、インバウンド強化へ バス駐車場増設や免税手続きカウンターも

  •  
  •  

 福岡地所(福岡市博多区住吉1)は今夏から、外国人観光客へのサービス強化への取り組みを本格化する。

 同社が運営する商業施設「キャナルシティ博多」(住吉1)では2014年度、クルーズ船で来日した中国人は前年8倍の18万人を記録。今後も増え続けることが予想されていることから、7月1日から、9台収容できる既存の駐車場に加え、同館南西側に観光バス約10台を駐車できる約1140平方メートルの新バス駐車場を新設した。

[広告]

 7月16日には、同1階総合インフォメーション前にパスポート確認などを一括して受け付ける免税手続きカウンターを設けるほか、館内共用部で利用できる無料Wi-Fiサービスも導入する予定。

  • はてなブックマークに追加