3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

博多まちおこし団体「九州プロレス」、設立6周年でボブ・サップと対戦

筑前りょう太さん(左)とボブ・サップさん

筑前りょう太さん(左)とボブ・サップさん

  • 0

  •  

 博多まちおこしプロレス団体、NPO法人「九州プロレス」(福岡市東区社領2)は8月10日、博多スターレーン(博多区博多駅東1)で設立6周年記念大会「筋肉山笠’14」を開催する。

 九州プロレスは「プロレスで九州ば元気にするバイ!」を合言葉に福岡県糟屋郡出身のプロレスラー・筑前りょう太さんが2008年7月に旗揚げした。「8畳ほどの事務所から一人で始めて6年。仲間や地域の方に支えられて所属選手も増え、団体を拡大する事ができている」と筑前さん。

[広告]

 興行や施設慰問、熊本や鹿児島など県外での活動も活発だ。「これからも九州の皆さんに元気を届けられる組織を目指したい」

 同大会では、筑前さんとボブ・サップさんの対戦カードが決まった。「真夏の博多のリング上でサップを倒し、試合後に『九州ば元気にするバイ!』と叫びたい」と意気込みを見せる。

 入場料金は、最前列=7,000円、S席=5,000円、A席=4,000円、B席=3,000円、学生=2,000円(当日座席指定・引き換え時学生証が必要)、親子ペア席=5,000円(大人と小学生)。当日券は500円追加。

Stay at Home