食べる

博多に「お米ちゃんカフェ」-カラフルな米を使った料理やスイーツも

博多に「お米ちゃんカフェ」がオープン。お米ちゃん(左)と永田紀美江社長

博多に「お米ちゃんカフェ」がオープン。お米ちゃん(左)と永田紀美江社長

  • 0

  •  

 博多リバレインイニミニマニモ(福岡市博多区下川端町)地下2階に4月13日、「お米ちゃんカフェ」(TEL 092-282-3422)がオープンした。

お米ちゃんカフェの店内

[広告]

 糸島市などでベーカリーショップやカフェを経営する童夢の国(糸島市)が出店した。店舗面積は約70坪。席数は70席。

 野菜などの食材を微粉状にして、無洗米にコーティングしたカラフルな米を使った料理を提供する。微粉状にすることで「栄養価の吸収率が上がる」と永田紀美江社長。昼は、紫芋とコラーゲンを米にコーティングした「美人米」、食用の炭と寒天を使った黒い米「デトックス米」、唐辛子と大豆を使った「脳学力米」の3種の米から選べる「日替わりランチ」(650円)や「海鮮丼」(700円)などのランチメニューをそろえる。

 そのほか、「米粉のスポンジケーキ」(250円)、「米粉のフレンチパフェ」(500円)、おから入りの「溶けにくい」という「米粉のソフトクリーム」(300円)などスイーツも用意。客単価は約600円。

 季節に合わせたメニューも展開予定で、「母の日にちなみ、5月は乳がん防止の食材をコーティングした『ピンクリボン米』や12月には明太子とほうれん草をコーティングした米をブレンドした『クリスマス米』なども販売する予定」と永田社長。

 営業時間は10時30分~19時30分。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース