見る・遊ぶ 暮らす・働く

中洲大洋に映画絵看板が復活-映画「山本五十六」公開記念で

中洲大洋に映画絵看板が復活

中洲大洋に映画絵看板が復活

  •  
  •  

 中洲大洋映画劇場(福岡市博多区中洲4)に12月6日、映画絵看板が設置された。

 映画「聯合艦隊司令長官 山本五十六 太平洋戦争70年目の真実」の公開を記念し、地域の活性化や文化の継承を目的に企画。製作費93万円の一部は市民や企業から募り、福岡出身の映画看板絵師で画家の故・城戸久馬之進(くまのしん)さんに師事し、中洲地区の映画絵看板を数多く制作していた山本勝美さんが手掛けた。同劇場への看板制作は約40年ぶりという。

[広告]

 大きさは横6.3メートル×縦4.2メートル。掲出は来年2月10日まで。

  • はてなブックマークに追加