食べる

福岡空港に「そば茶屋華元 本膳庵」 店舗限定のぶっかけそばや丼も

「そば茶屋華元 本膳庵 福岡空港店」外観

「そば茶屋華元 本膳庵 福岡空港店」外観

  • 6

  •  

 そば店「そば茶屋華元 本膳庵(あん) 福岡空港店」(TEL 092-624-8770)が3月12日、福岡空港国内線旅客ターミナル(福岡市博多区下臼井)3階にオープンした。運営は「元フードシステム」(山王1)。

店内の様子

[広告]

 「そば茶屋華元 本膳庵」は、2016(平成28)年4月に「KITTE博多店」(博多駅中央街)をオープンし、北九州、熊本に次ぐ4店舗目となる。客席面積は約90平方メートルで、席数は54席。

 更科そばに倣って開発したという、ソバの実の皮を取り除いた白いそばを使う。だしは鹿児島県枕崎産のかつお節、熊本県牛深産のさば節、うるめ節をブレンド。ラインアップは、定番メニューの「天婦羅(てんぷら)せいろ」(1,980円)や「博多もつ つけそば」(1,680円)をはじめ、同店限定の「牛とじ丼」(1,230円)やぶっかけそばの「とり天ポン酢ジュレ仕立てそば」(1,380円)、「トマトと生ハムのサラダそば-オリーブオイル添え-」(1,580円)など、50種類以上を提供する。そばに合う酒も用意し、九州の銘柄を中心に焼酎5種類と日本酒4種類、ビールもそろえる。

 元フードシステム広報担当の中川郁雄さんは「王道なそばの楽しみを守りつつ、和洋のエッセンスを融合し、そばの新たな可能性にも挑戦している。ただ奇をてらったものを出しているのではなく、しっかりとおいしいものを提供できるように心がけているので味わってもらえたら」と話す。

 営業時間は9時~21時30分。

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース