食べる 買う

「ららぽーと福岡」に和菓子店「築地ちとせ」のポップアップ 期間限定で

「OKASHIBAKO」に期間限定出店する「築地ちとせ」

「OKASHIBAKO」に期間限定出店する「築地ちとせ」

  • 8

  •  

 大型商業施設「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」(福岡市博多区那珂6)1階のスイーツ店「OKASHIBAKO(おかしばこ)」(TEL 092-558-6089)に現在、老舗和菓子店「築地ちとせ」が期間限定出店している。

「OKASHIBAKO」スタッフ

[広告]

 OKASHIBAKOは、菓子の企画・販売を手がける「シュクレイ」(東京都港区)が運営するスイーツのポップアップストア。九州に常設店がない菓子店などを期間限定出店し、併設する区画に同社運営の「東京ミルクチーズ工場 Cow Cow Kitchen(カウカウキッチン)」を常設する。「築地ちとせ」は、1912(大正元)年に東京・築地で創業した老舗和菓子店で、現在は羽田空港に2店舗を構える。催事の開催自体が珍しく、九州で1カ月以上の出店は初めて。

 店長の稲生都乃さんは、開店の経緯について「関東にしかない店舗を知ってもらえる機会を増やそうと、九州・福岡での出店に踏み切った」と話す。

 ラインアップは、天然エビや兵庫県産・岩津ネギなどでかき揚げを表現したという「天ぷらせんべい」(6枚入り=648円、12枚入り=1,306円)をはじめ、季節限定の「のり天せんべい」(6枚入り=648円)、タイの形をした粒あん入りのフィナンシェ「鯛安吉日(たいあんきちじつ)」(6個入り=1,188円、12個入り=2,160円)など。そのほか、「東京ミルクチーズ工場 Cow Cow Kitchen」とコラボしたソフトクリームデザート「サンデースペシャル『築地ちとせ』コラボ」(680円)を同店限定で提供する。今月21日からは、塩漬け桜葉と生クリーム入りの餡(あん)でイチゴソースを包んだ「さくらいちご餅」(8個入り=1,080円)を販売する。

 稲生さんは「詰め合わせも用意しているので、気軽な手土産としても、お祝いなどの贈答用にも利用してほしい。サクサク食感の煎餅を楽しんでもらえれば」と話す。

 営業時間は10時~21時。「築地ちとせ」の出店は今月31日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース