3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

博多にホテル「ザ・ベーシックス福岡」 5000冊収納のロビーライブラリーも

ロビーライブラリー

ロビーライブラリー

  •  
  •  

 「THE BASICS FUKUOKA(ザ・ベーシックス福岡)」(福岡市博多区博多駅東2)が3月1日、オープンする。

外観

 エフ・ジェイ ホテルズ(住吉1)が運営する「THE BASICS FUKUOKA」。「INTELLECTUALS WORLD~知的好奇心を刺激する」をコンセプトとし、約5000冊の書物を収納したロビーライブラリーが特徴。

[広告]

 建物は地上13階、地下1階建て。ロビーライブラリーにちなみ、客室の名称は「Chapter チャプター(章)」「Episode エピソード(挿話)」「Story ストーリー(物語)」となっている。客室はダブルルーム、ツインルーム、スイートルームがあり、「Chapter」は10タイプ217室、「Episode」は8タイプ19室、「Story」(スイートルーム)は2タイプ2室で、計20タイプ、総客室数238室を用意する。

 1階フロントロビーには宿泊者が24時間、自由に使えるフィットネスルームがあるほか、客室「Episode」と「Story」の宿泊客のみが利用できる専用ラウンジを設ける。

 高さ約42メートルの吹き抜けになっている円形の1階フロントロビーには、高さ8メートルの書架6本を設置。書架の内周棚には日本の四季の美しさと文化を表現する書物をはじめ、文豪作品や全集・写真集、コミックなどを収納。円形ロビーの特性を生かし、外周棚には、中東・ヨーロッパ、東南アジア・アフリカ、南アメリカなど、実際の方角にある国・地域の名著作、写真集などをそろえる。

 書物は客室やロビー、レストランなどで読むことができる。ライブラリーの選定・監修は編集工学研究所(東京都世田谷区)が行った。

 1階エントランスに面した区画には、ビュッフェスタイルの直営レストラン「WHY NOT(ワイノット)」のほか、ヘアサロン「TAYA THE BASICS FUKUOKA」と、コーヒー専門ウェブメディア「Good Coffee」が運営するカフェ「THE LOCAL COFFEESTAND Fukuoka」が同日オープンする。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

Stay at Home