買う

博多に英国発・遊べる玩具店「ハムリーズ」 商品数10万点、限定商品も

店内の様子

店内の様子

  •  

 英国発・遊べる玩具店「ハムリーズ キャナルシティ博多店」が12月1日、キャナルシティ博多(福岡市博多区住吉1)キャナルシティオーパ地下1階にオープンした。敷地面積は1510坪。

エンターテイナー

 英国の玩具店として258年の歴史を持つ「ハムリーズ」の特徴は、来店者を楽しませる「エンターテイナー」がいること。子どもと一緒に遊んだり、来店者と写真を撮ったり、不定期でパレードを行ったりするほか、各所で「デモンストレーター」がハンディグライダーや、ドローンなどの実演を行う。

[広告]

 店内にはアイテム数6000点以上、商品数10万点以上のおもちゃが並ぶ。レゴブロックやミッフィーなどのハムリーズ限定商品や、「ハムリーズベア」の日本限定版ぬいぐるみ、ドイツのぬいぐるみメーカー「シュタイフ」の商品などもそろえる。

 おもちゃの試遊ができるコーナーのほか、デジタル技術を使ったコンテンツなどで遊べる「プレイルーム」(入場料=1人600円~)や、子どもが乗れる「メリーゴーランド」(1回300円)、ハンドルを回しておもちゃの車を操縦する「カーレーサー」(1回200円)などのアトラクションもそろえる。

 休憩や食事ができるピクニックをイメージした「ハムリーズ カフェ」では、スイーツやサンドイッチ、ドリンクなどを提供。プロジェクションマッピングを投影したテーブルを備えるブースもある。

 同店を運営する「バンダイナムコアミューズメント」(東京都港区)の広報マネジャー・小野薫さんは「博多店は敷地面積が広く、遊ぶスペースをたっぷり設けており、ハムリーズの世界観がより実感できることが特徴」と話す。

 営業時間は10時~21時。