見る・遊ぶ

福岡空港にANA自動手荷物預け機「ANA Baggage Drop」導入

「ANA Baggage Drop」導入を発表する全日本空輸 福岡空港支店長 兼 ANA福岡空港 社長の村部由佳夫さん(左)

「ANA Baggage Drop」導入を発表する全日本空輸 福岡空港支店長 兼 ANA福岡空港 社長の村部由佳夫さん(左)

  •  

 福岡空港国内線(福岡市博多区大字下臼井)1階ANA出発カウンターに6月28日、自動手荷物預け機「ANA Baggage Drop」が導入された。

「ANA Baggage Drop」サービス説明の様子

「ANA Baggage Drop」は、客自身で手荷物を自動手荷物預け機の中に入れて、荷物預けを完了できる手荷物自動受託サービス。羽田空港、新千歳空港に続き3番目の導入で、6台を設置。同サービスにより預かり手荷物の処理能力を上げ、待ち時間の短縮を見込むという。外国人も利用できるように、日本語、英語、中国語(繁体・簡体)、韓国語の4カ国語の案内を用意する。

[広告]

 同日、ANA出発カウンターのレイアウトとデザインがリニューアル。「ANA Baggage Drop」サービスや、自動チェックイン機を集約して配置した。特定のカウンターの混雑を防ぎ、待ち時間削減を実現するという。そのほか搭乗手続きなどの案内表示を、一目で分かりやすいように大きな文字とピクトグラムを使ったデザインに変更した。