食べる

博多百年蔵で酒蔵開き 日本酒飲み比べコーナーも

博多百年蔵で酒蔵開き 日本酒飲み比べコーナーも

博多百年蔵で酒蔵開き 日本酒飲み比べコーナーも

  •  

 博多百年蔵(福岡市博多区堅粕1)で2月17日・18日、酒蔵開きが行われる。

 会場では、季節限定酒である「しぼりたて吟醸酒 生酒」や「しぼりたて新酒(純米酒) 生酒」など計8種の日本酒を用意。特設の日本酒飲み比べコーナーでは、チケットを購入しこれらの日本酒を5杯分飲み比べることができるほか(300円、おちょこ付き)、チケットを購入した来場客1人1杯までたる酒のサービスが行われる。そのほか、ノンアルコールの甘酒は終日無料で振る舞われる。

[広告]

 フードコーナーでは、博多の老舗「西門蒲鉾(さいもんかまぼこ)」の「天ぷら蒲鉾」や、おでん、唐揚げ、かしわ飯、牛すじ煮込みなどのおつまみや酒まんじゅうを取りそろえる。

 期間中は、同酒蔵開きの名物「ちんどん屋さん」も登場し、会場を盛り上げる。

 直売所では、「しぼりたて吟醸酒」をはじめ、「しぼりたて純米酒」、たる酒、スパークリング清酒、酒蔵開き限定ボトルの純米大吟醸の販売や、粕汁や甘酒に使える「しぼりたて新酒の酒粕」(500グラム=400円税抜き)も販売される。

 開催時間は11時~16時。