食べる

博多阪急、九州のしょうゆ売り場を新設 老舗しょうゆ店とのコラボ商品も

博多阪急に「阪急うまか食品蔵」がオープン

博多阪急に「阪急うまか食品蔵」がオープン

  •  

 博多阪急(福岡市博多区博多駅中央街)地下食品売り場に10月18日、九州の調味料を集めた「阪急うまか食品蔵」がオープンする。

 「観光客を中心に甘い九州のしょうゆをお土産にしたいとの声が多かった」(同店広報担当者)ことから新設するもの。お土産や単身者向けに60社100種以上の使い切りサイズのしょうゆ(195円~)をそろえるコーナー「九州醤油図鑑」のほか、同店と老舗しょうゆ「タケシゲ醤油」(南区)や「ごとう醤油」(北九州市)、「チョーコー醤油」(長崎市)と開発したオリジナル商品などもそろえる。

[広告]

 営業時間は10時~20時(金曜・土曜は21時まで)。