天気予報

25

12

みん経トピックス

PR

オークラ福岡に塩川元大臣モールでキッズメニュー開発

「博多一風堂」生ラーメン、福岡空港で販売開始-土産販売強化へ

「博多一風堂」生ラーメン、福岡空港で販売開始-土産販売強化へ

今回一新された生ラーメンのパッケージ。「赤丸」(472円)と「白丸」(420円)。

写真を拡大 地図を拡大

 力の源カンパニー(福岡市中央区薬院1)は9月20日より、福岡空港(博多区大字下臼井)第2ターミナル5番・6番の搭乗口の「ANA FESTA ゲート6番店」で、「博多一風堂」の土産用生ラーメンを販売する。

 同商品は、7~8年前から福岡三越(中央区天神2)をはじめ全国の三越7店舗と同社工場(博多区山王2)で販売していたが、今月1日にリニューアルした第2ターミナル2階物販エリアにある全日空商事の土産販売店「ANA FESTA ロビー店」でも販売を開始した。

 これまでは同店を代表する「赤丸」と「白丸」の計2食をパッケージしていたが、消費者の嗜好(しこう)性を考えて1食ずつに変更した。販売するのは「赤丸」(472円)、「白丸」(420円)で、同店の特徴でもある自家製の博多細麺と、液状濃縮タイプのスープ、ごま、からしたかなのセットで同封。別に「からしたかな」(525円)のみの販売も行っている。

 同社広報担当の泉寿枝さんは「一風堂の店舗がない地域でも、味を楽しんでいただければ。これを機に土産用の販売にも力を入れていきたい」と話している。

 同社は、10月に2食セットで替玉も販売する予定のほか、駅などにも販路を拡大していくという。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

商業施設「KITTE博多」が4月21日、開業1周年を迎えた(この写真の記事へ)。1周年感謝祭の宣伝隊長に就任したタレントの彦摩呂さんが館内飲食店でグルメレポートを披露
[拡大写真]

アクセスランキング